[阿賀野市]令和2年度リフォーム支援事業(継続)

リフォーム補助金制度です。諸条件がありますが、他の補助金と併用も可能です。こちらも毎年予算に達してしまう人気の補助金です。是非利用してください。

4月1日より受付開始となっております。予算に達した時点で終了となります。

詳しくは、阿賀野市のホームページまで

[阿賀野市]令和2年度虹の架け橋支援事業(継続)

毎年恒例となりました、新築住宅取得支援が今年も継続となっています。条件がありますが、毎年早期終了となり予算枠を使い切っている補助金です。新築住宅をお考えの方、お早めにご計画ください。

4月1日より受付開始となっております。予算に達した時点で終了となります。

詳しくは、阿賀野市のホームページまで

[モデルハウスお譲りします]販売イベント開催12/14‣15

令和元年5月完成の新築物件です。6カ月間モデルハウスとして、新規お客様及び打ち合わせ時に使用していました。3LDKのコンパクト設計ですが使い勝手の良い間取りで仕上がっております。是非、オシャレな建物をご希望の方、収納力を求める方、直ぐに入居されたい方はお待ちしております。

また、自由設計で計画されたい方、こだわりを入れたい方、別の場所がある方や建設地が決まっている方、建て替えの方には、間取りプラン提案をさせて頂きます。遠慮なくお越しください。

水建業様_B4チラシ (1)

[完成内覧会]7月14日15日阿賀野市下条町

7月14日、15日の2日間完成内覧会を開催します。時間は10時~15時となります。周辺には看板や幟を付けて誘導掲示します。駐車スペース(関口商店様裏手)も数台確保致しましたので、お時間ございましたらご覧下さい。また、住宅ローン相談会も行っております。お気兼ねなくご利用ください。場所はチラシにも載せましたが非常にわかりにくい場所です。ご不明な点はお電話ください。090-9136-7063佐藤まで

場所:阿賀野市下条町11番地内

水建業_チラシ

[阿賀野市]31年度リフォーム支援事業(継続)

31年度も継続しリフォーム支援事業があります。最大15万円、多世帯加算上限額10万円の補助事業です。詳しくは、阿賀野市HPをご覧下さい。

なお受付は、例年と異なり4月1日からの受付となります。消費増税前の駆け込みと重なり、早期に予算終了により受付が終わることが予想されます。お早目に申請を行ってください。

※住宅リフォームのご検討の方は、お早目にご相談ください。当社スタッフがご説明いたします。

[阿賀野市]31年度虹の架け橋住宅取得支援事業(継続)

31年度も継続し住宅支援事業があります。市内にお住まいの方は最大70万円、市外からの転入者の方は最大100万円の補助事業です。詳しくは、阿賀野市HPをご覧下さい。

なお受付は、例年と異なり4月1日からの受付となります。消費増税前の駆け込みと重なり、早期に予算終了により受付が終わることが予想されます。お早目に申請を行ってください。

※新築住宅のご検討の方は、お早目にご相談ください。当社スタッフがご説明いたします。

 

[阿賀野市]30年度虹の架け橋住宅取得支援事業継続

制度の概要

子育て世代および多世代の定住化を促進するとともに、地域経済の活性化を図るため、

市内に住宅を取得する人に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。
受付期間
平成30年4月16日(月曜日)から平成31年3月29日(金曜日)
ただし、申し込みが予算枠に達した場合、受付期間中でも受け付けを終了させて
いただきます。事前に申請が必要です。
事業完了期限(住宅の取得期限)
補助金交付決定以降から平成31年3月29日(金曜日)まで。
なお、期限内に完了しない場合は、ご相談下さい。
補助対象者(次の全てに該当する人)
  • 平成30年4月1日現在において、年齢が45歳未満の人。
  • 自ら居住の用に供するために本市に住宅を取得し、かつ、
    取得する住宅に2人以上で居する人。
  • 過去にこの告示の規定による補助金の交付を受けたことがない人。
  • 住宅の取得が公共補償等によらない人。
  • 市税を滞納していない人。ただし、転入者にあっては、転入前の市町村税
    に滞納がない人。
なお、自己の名義で住宅を登記すること。
(共有名義で登記する場合は、申請者が2分の1以上の持分を有すること。)

※詳しくは阿賀野市HPをご確認ください。

[環境共創イニシアチブ]住宅省エネリノベーション促進事業費補助金

本事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を支援すると共に、戸建住宅においては、この断熱改修と同時に行う高性能は家庭用設備(高効率給湯機等)の導入・改修支援も行うものである。

国庫補助金(経済産業省)より一般社団法人環境共創イニシアチブが委託

詳しくは、一般社団法人環境共創イニシアチブまで

[阿賀野市]平成28年度虹の架け橋住宅取得支援事業

28年度も継続することになりました住宅支援事業。補助金額は市内在住の方で最高70万円、転入者の方で最高100万円の補助です。昨年同様予算に到達次第終了ということで、早期に終了になる予感がします。

諸条件等詳しくは、阿賀野市役所 産業建設部建設課 都市計画建築係まで

[阿賀野市]平成28年度住宅リフォーム支援事業等のお知らせ

今年度より一部内容が異なっておりますので、ご確認をお願いします。

補助額最高が50万円となり28年4月11日(月)から募集開始となります。また以前この支援を頂いた方でも、補助額に達していない物件に関しては、差額分を補助します。

※詳しくは、阿賀野市役所建設課までお問合せください。

『安田瓦普及助成事業』も引き続き実施します。詳細などは商工観光課へお問合せください。

[住宅産業新聞]17年度の住宅着工予測平均

消費税の再増税が予定される2017年度の住宅着工は、住まい給付金の拡大や住宅ローン減税などで駆け込みの緩和は見込めるものの、反動減は避けられず86万戸――2月に公表した民間シンクタンクなど国内9機関の住宅着工予測を住宅産業新聞で集計したところ、17年度の住宅着工予測平均(9機関)は16年度比7・0%減の86万戸という厳しい予測となった。一方16年度は、消費税引き上げによる駆け込みを見込み、15年度比1・9%増の92万5千戸の予想となっている。

[フラット35]史上最低を更新して、1.25%に低下

住宅金融支援機構は1日、長期固定型の民間提携住宅ローン「フラット35」の3月の金利水準を公表しました。それによると、融資期間21年~35年の最低融資金利は年1・25%となり、3ヵ月連続の低下となっています。前月から0・23%の低下で、過去最低だった2015年2月の1・37%を大きく下回る金利となりました。
また、20年以下の最低融資金利も年1・02%と3ヵ月連続の低下。1月に日銀が導入したマイナス金利の影響で金利水準を決める指標となる2月の長期金利が大きく低下しことが主な要因のようです。

[国税庁]消費税率及び地方消費税率の8%から10%への引上げ時期

平成29年(2017年)4月1日以降に、引渡しを受ける住宅は新たな税率10%が適用されます。

ただし、注文住宅など請負契約を行う住宅については、新消費税率施行の半年前までに請負契約を締結した場合には、旧税率が適用される経過措置がとられます。

詳しくはこちらhttps://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/h27kaisei.pdf#search=’%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E+10%25

[国土交通省]省エネ住宅ポイントの終了のお知らせ

ポイント発行・予約申請の受付は、
平成27年10月21日で終了しました。

終了日の取扱いについてはこちら

最終日の17時までに受付けた申請をもって終了しました。
なお、最終日に受付けた申請は、一定割合減算してポイントを発行する場合があります。
また、集計等を行うためポイント発行には時間を要します。

※予算(905億円)に対して、事務費(予定含む)および予約・審査中のポイントを含めて集計した概算値です。

[完成現場見学会のお知らせ]阿賀野市下条町

5月23日(土)・24日(日)の2日間限定で10時より17時まで完成現場見学会(内覧会)を開催致します。ご興味のある方、是非お待ちしております。

B4現場見学会チラシ-2

 

 

 

[国土交通省]都市の低炭素化の促進に関する法律に基づく低炭素建築物新築等計画の認定状況について(平成27年3月末時点)

「都市の低炭素化の促進に関する法律」に基づく低炭素建築物新築等計画の認定制度については、平成24年12月4日より制度運用を開始しています。 この度、全国の所管行政庁の平成27年1月、2月、3月の認定状況について、調査した結果がとりまとまりましたので、お知らせします。

1 平成27年1月~3月の認定実績

平成27年1月 平成27年2月 平成27年3月
(1) 一戸建ての住宅 136件(戸) 177件(戸) 238件(戸)
(2) 共同住宅等の住戸 117件(戸) 262件(戸) 23件(戸)
(3) 複合建築物 0件(棟) 0件(棟) 0件(棟)
(3) 非住宅建築物 0件(棟) 0件(棟) 0件(棟)
(4) 総件数 253件 439件 261件

2 制度運用開始からの累計(平成27年3月末時点)

累計
(1) 一戸建ての住宅 4,604件(戸)
(2) 共同住宅等の住戸 3,493件(戸)
(3) 複合建築物 2件(棟)
(3) 非住宅建築物 1件(棟)
(4) 総件数 8,100件

[国土交通省]省エネ住宅ポイントの実施状況について(平成27年3月末時点)

平成27年3月10日より受付を開始した省エネ住宅ポイントについて、平成27年3月末時点での実施状況について公表します。

1.ポイント申請受付状況

平成27年3月

累計

 (1)新築

              2,188戸

              2,188戸

 (2)リフォーム

              4,137戸

              4,137戸

 (3)合計

              6,325戸

              6,325戸

2.ポイント発行状況
審査の結果、発行したポイント数及び戸数は下表の通り。

平成27年3月

累計

 (1)新築※

 167戸  50,100,000ポイント

 167戸  50,100,000ポイント

 (2)リフォーム

 148戸   8,409,000ポイント

 148戸    8,409,000ポイント

 (3)合計

 315戸  58,509,000ポイント

 315戸  58,509,000ポイント

※ 予約申請を含む

[ベターリビング]「住まいの暖かさと健康維持の関係」について

「住まいの暖かさと健康維持の関係」について研究成果をまとめたリーフレット「人は住まいとともに生きる」の公表について

一般財団法人ベターリビングサステナブル居住研究センターでは、平成23年度より、住まいの暖かさと健康維持の関係について研究を受託し、健康長寿住宅エビデンス取得委員会(委員長:髙橋龍太郎 地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所 副所長)を開催しています。委員会では、平成23年度より高齢者のご協力を頂き実証実験を実施し、実際に高齢者が暮らす住宅を断熱改修し、改修前後で血圧の測定及び健康や温度感覚に関するアンケートを行いました。
これからの寒い季節に向けて、実証実験結果を生活者向けにまとめたリーフレットを作成しました。

リーフレット「人は住まいとともに生きる」(pdf)

また、平成27年3月5日には、実証実験成果報告会を開催する予定です。詳細は12月上旬よりご案内します。

(ベターリビングHP抜粋)

 

[国土交通省]すまい給付金の実施状況について(平成26年9月末時点)

消費税率引上げによる負担増を緩和するため、本年4月より実施している「すまい給付金」について、9月末時点の実施状況をとりまとめましたので公表します。給付対象は4月以降の引上げ後の消費税率による引渡し分が対象となります。9月末時点における実施状況は、申請数12,214件に対して、給付実績8,730件、7,710戸、約19億7千万円となっております。  今後は、関係機関の協力も得ながら、申請忘れ等が発生しないよう、周知等を進めていくこととしています。なお、申請は引渡しから1年以内であればいつでも可能です。制度内容や申請方法に関するお問い合わせは、すまい給付金事務局(0570-064-186)まで。
○平成26年4月~9月のすまい給付金の実施状況

給付実績※1 (給付額) 申請数
(1)新築住宅 8,323件※2 7,340戸 (1,875,627千円) 11,614件
(2)中古住宅 407件 370戸 (99,214千円) 600件
(3)合計 8,730件 7,710戸 (1,974,841千円) 12,214件

※1 審査が完了したもの。 ※2 持分保有者単位での申請のため件数と戸数は異なる。

[水建業 完成内覧会]阿賀野市S様邸

10月25日26日の2日間、お客様のご好意により完成内覧会を行います。ご興味のあるからご覧下さい。

現場見学会チラシ

 

構造現場2物件も同時案内致します。スタッフにお申し付けください。

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >
このページの先頭へ