水建業・永響の家/あなたの街の大工さん > ブログ > [現場リポート]阿賀野市H’様邸

[現場リポート]阿賀野市H’様邸

リクシルさんの、通風と創風を考える設計を参考に、今回の物件に取り入れました。通風とは、1部屋に2方向の窓を取り入れ風の通り道を作る事。これは大体設計の上で考えることです。2番目の創風とは、外が全くの無風時にでも風が創れるということです。それは熱の移動を利用した仕組みで、暖かい気流は上昇します、また冷たい気流は下降してきます。建物内部でも、窓設置の高さを利用し1階の一番低いところから2階の一番高い所へ温度変化により気流を作るということです。以前リクシルさんの研修時にパッシブファースト研究会にて風を創り出し、風船で実験していました。外は全くの無風で風船だけが最上階の窓まで流れていく実験です。これもまた省エネの一つですね。(風船は、空気です。ヘリウムガスを入れてインチキしていませんでした。)

~阿賀野市H’様邸~

IMG_1379 IMG_1384

 

 

 

 

 

 

 

仕上げに入っています。風が通り抜けるので内部は涼しいです。エアコン設置、ハウスクリーニング、カーテン、網戸設置で引渡しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このページの先頭へ